MDS-Diary - Onishi
大きな被害が出ています
img
大きな被害が出ています
台風21号が去ってやっと青空が出てきたというのに、またもや22号が北上中。係船岸壁を出航してすぐ右に見える和田埠頭、超大型客船が接岸できるよう拡張工事が進んでいますが、台風が来るまでにと、最終工事の警戒船の仕事が急遽入りプラジャー号で出航しました。舞鶴湾は水も次第に綺麗になってきていますが、まだ茶色くゴミも水面すれすれに沈んだ見えにくい大きな材木等があって注意が必要です。選挙の報道と重なってテレビはあまり放送していませんが沿岸漁港の施設や漁船に甚大な被害が、、それに追い打ちをかけるように22号の接近、無事通り過ぎてほしいものです。京都府から福井県の沿岸漁港では大きな被害が出ています。30〜40年も昔にMDSが潜水作業をした防波堤が壊れて大きな被害が、、今まで何も壊れなかったのに、、そのくらい大きな台風でした。
2017/10/27/

Pege_top

皆さん、大丈夫でしたかー??
img
皆さん、大丈夫でしたかー??
写真は眠れない夜が明けた23日の朝8時頃の舞鶴湾です。海は真っ茶色で木屑などのゴミでいっぱい、朝になっても北風が強く白波がたっています。MDSは大きな被害はありませんでしたが、あっちこっち被害が出ています。この歳になって初めての経験、、こんな強い大きな台風は初めてです。超がつくほど大型で強い台風21号、昨夜の8時頃から今日の未明4時ごろまで 8時間、最大瞬間風速40bの暴風雨が続いて恐怖を感じるほどでした。天気も波も良くなってもこの濁りとゴミでは出航しても??? 潜れるようになるまでしばらく日時がかかりそうです。
2017/10/23/

Pege_top

避難しました
img
避難しました
今日早々にダイビングボートを全船いつもの川上に避難させました。今夜ごろ沖縄の大東島に近づくようで、ちょっと気が早いかな?? って感じですが3日ほど前からテレビで超大型だの非常に強いとか猛烈な風、、と言うもので、でもいつもの台風と違うような感じもするので、、10月の台風は注意が必要です。川幅が狭いので奥に入れる船から順番で係留していくのでMDSは一番先に入れなくてはなりません。お客さんがある遊漁船は出航していきましたが、休みの船は続々と避難しています。何事もなしに通り過ぎてほしいものです。
2017/10/21/

Pege_top

海難救助訓練
img
海難救助訓練
今日も一日雨、、大型フェリーの海難救助訓練の一貫として、フェリーから乗船者を船腹の脱出口より自衛隊、保安庁、警察、水難救済会のプラジャー号各船により救出の手順や船の位置関係等を確認するため東舞鶴港に行ってきました。船腹のShin Nihokai文字のn文字の下の四角い黒い所と自衛隊船舶の所の二箇所にありますが、どうも自動車を載せるデッキ甲板のようです。

2017/10/16/

Pege_top

舞鶴湾は潜水可能 ! !
img
舞鶴湾は潜水可能 ! !
毎日海況が悪くて中止が続いています。毎日雨で波の高い日が続いて中止ばかり、冠島が恋しくなってきました。そんな今日、ヘリ搭載大型巡視船の船底の潜水調査の仕事が入り、3日ほど舞鶴湾での潜水作業が続きます。ありがたい限りです。

2017/10/15/

Pege_top

スタッフお疲れさん会
img
スタッフお疲れさん会
今日が今シーズン最後の連休での出航になるであろうと、、なかなか全員揃うことができないこともあり、MDSスタッフお疲れさんさん会をしました。夜は全員揃いました。
舞鶴市内の"浮舟"さん、街外れのちょっとした隠れ家的な感じの良い、寿司などのお魚料理の店です。

2017/10/9/

Pege_top

完全に騙されました
img
完全に騙されました
写真は今日7日の早朝の舞鶴湾です。風も弱く穏やかな夜明けです。冠島周辺も少し波はあるようですが曇り空で雨の心配ないようで、、
2日前から波浪モデルは凪予報だったのですが京都府北部の海況予報は2mのち1m、
夕刻5時の予報でも変わらず、、21時のデレビの予報でも同じで中止にしました が、、朝になったら凪予報になっています。こんなことめったに無いことで、、テレビも各気象予報士もみんな気象台のデータを元にしているから、、みんな同じになるわなーー。どうなっとんね?? 気象台、しっかりせー
今日は少年野球の試合も小学校の運動会もだまされました。かわいそうにさっぱりです。

2017/10/7/

Pege_top

秋晴れのUWO大会 ! !
img
秋晴れのUWO大会 ! !
秋晴れの日曜日、大西は高浜で開催された水中スポーツ大会に行ってきました。まー参加ではなく仕事、、タンクの配達とHP用の写真撮りですが。
昔のようにダイビングをスポーツととらえて楽しむということが無くなり、この種のイベントも数少なくなリました。年齢層も上がったことで参加人数が毎年減っていましたが、今年は大学のダイビングクラブの若者が大勢参加してくれて賑やかで楽しい大会になりました。若いっていいよな〜〜
2017/10/1/

Pege_top

時が化ける ??
img
時が化ける ??
時が化る(ばける)と書いて時化ると言いますが、まさにこれです。今日28日の朝9時50分のMDSから見る舞鶴湾です。北の風が12b以上、台風なみの大荒れです。
朝の9時頃まで静穏で良い凪のいつもの海でしたが、、北風に変わり30分でした、急激に風が強まり白波がたって台風通過時のような荒天です。
冠島も朝は出航出来たのではと思うくらい 0.3mの良い凪でしたが9時ころから風が強まり波も急激に高くなって3bを超え、昼には5bまでになる大時化でした。秋の寒冷前線の通過です。
2017/9/28/

Pege_top

秋晴れ !! 冠島の日の出
img
秋晴れ !! 冠島の日の出
今日の早朝 6:00、経ヶ岬のライブカメラで見る若狭湾の日の出です。
まだ暗くはっきり見えませんが画面右に冠島と小島が見えます。

数日続いた秋晴れの良い天気、今日もベタ凪で真夏のような海況です。
この良い天気も今日まで、明日は秋雨前線の通過で天気は崩れ、雨のぐずついた天気になります。

秋の天気は周期的に変わります。今度の前線の通過で季節は一歩進み、、秋本番になるようです。

2017/9/26/

Pege_top

透明度、劇的な回復 !
img
透明度、劇的な回復 !
左下の小写真は22日午後の宮前、大写真は今日23日朝の宮前の同じ場所で撮った写真です。一夜にして劇的に透明度が変わっています。まだ完全復活ではありませんが、50%くらいかな??。潮の流れでこんなに変わります。明日は良くなるとも悪くなるとも判りません、潮や透明度の予測だけはできません。自然のなすこと、、海は生き物 ?? 不可解なものです。

2017/9/23/

Pege_top

通り過ぎましたが・・
img
通り過ぎましたが・・
大きな被害も無く通り過ぎて、、一夜明けた由良海岸から見た冠島です。不気味な雲が垂れ下がった冠島周辺の海、台風を避けて沖合に避難して入る大型船が何隻も停泊しています。時化は収まりましたが まだ大きな"うねり"があって波が消波堤に打ち上がっています。
そしてゴミも、、稲刈りの終わった直後の大雨だったので大小の凄い量のゴミが浮かんでいます。舞鶴湾もひどくて危険です。しばらく航行は無理のようです。
台風18号のコースが当初 山陰から日本海に抜ける予報だったので心配しましたが、なんとか舞鶴より東側を進むコースになり、かろうじて助かりました。風は北からで問題なしでしたが雨は凄かったです。舞鶴も河川の氾濫で一時避難勧告が出るほどでした。その結果がこのゴミです・・
2017/9/18/

Pege_top

あとは神頼み
img
あとは神頼み
今日の昼前のボート係留岸壁から見る舞鶴湾です。
先程台風は鹿児島県に上陸して、少し勢力は弱くなったようですが、、速度を上げてこちらに向かって進んでいます。舞鶴は朝から雨は降らず、風も弱く、良い凪の舞鶴湾です。昼前に暴風波浪警報が出ましたが嵐の前の静けさか??? なんとかコースが南側にずれることを願うばかりてす。舞鶴より北の日本海側を通過すると南から西風が強まり、船は避難させたので問題ありませんが、、家が、、
今回のコース予報を見ると漁師なら皆同じ、、西や南向きの岸壁には漁船が一隻も居なくなりました。大型底曳漁船を除いて全船川上に避難させています。こんな風景は初めて見ました。
どちらにしても最接近は夜になってから、、何事も無く通り過ぎてほしいものです。
2017/9/17/

Pege_top

避難しました
img
避難しました
大型の台風18号の影響で中止が続いています。いつもなら嵐の前の静けさとやらで直前まで凪になるのですが、、今回は大型、、はるか沖縄地方を北上中でも日本海も北風が吹いて波の高い日が続いていました、今日は本格的な雨、雨が降るまでにと昨日いつもの今西丸の会社前の川に避難させました。
大型で強い勢力のまま、明日は九州に上陸して若狭湾に向かって北上してくるとか、、十何年ぶりの強い台風か ??、、船もですが家が、、心配です。今までひどい目にあったコースなもので、、
しかし、予報が変わるたびにコースもですが進行の時間がずれている、、ずれるほど中止が長引くことになるのにーー
どうなることやら???

2017/9/16/

Pege_top

一週間の中止でした
img
一週間の中止でした
舞鶴からすれば、はるか南の小笠原諸島近海をゆっくりと迷走した台風15号の影響で中止が続き、やっと5日から一週間ぶりに再開出航しました。
写真は経ヶ岬の波高計の記録です。中止になった30日から4日まで、波の高かったことが解ります。台風が日本海や近畿南部を通過した時はこんな波どころでは無く6bほとの波高になりますが、15号が遠くだったのですが大型だったのと、ちょうど日本海に大陸からの大きな高気圧が張り出してきたのとで気圧配置が西高東低になり、大しけではありませんが2b前後の波の高い海況が続いたわけです。
近畿北部は雨も降らず、波もそれほど高くならずで冠島への影響は無いと思っていましたが、、透明度が少しダウン、、水温も少し下がったくらいでいつもの賑やかな魚影をキープしていました。
これから冠島ダイビングはトップシーズンになります。今のところ台風の発生も無いようで、、なんとか秋晴れの良い天気で凪が続いてほしいものです。

2017/9/6/
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10
全139件

MDS
MDS Ver 2015/1/20